QHHT- Space of Presence

"ドロレス・キャノン”量子ヒーリング催眠療法プラクティショナーのブログ (サブ)

QHHTセッション:お客さまの声(感想)

先月、セッションをお受けくださったk様から、素敵なご感想をお送りいただきました。何度も読み返すうち、なんだかジーンとしてしまいました。

その時の情景がありありと浮かび、感じたものも一緒に思い出していました。

記憶って凄いですよね。その時の瞬間に瞬時に戻れる!

時間も空間も関係ないんですよね。いつでも忘れない限りその時の感情を思い返すことができるのです。

image

QHHTセッション中、顎関節症を調節していただけますか?とお願いすると、顎関節あたりが自動的?に動き始めることがあります。

潜在意識がものすごく頑張ってくれることもあり、そんな時には、ガイコツ(表現が貧相で失礼します(^^;))のごとく、顎と口まわりがグルングルンまわりはじめるんです。

潜在意識は、本当に凄いなぁ〜って・・・顎関節症でお困りの方は、これまでにも何人もいらっしゃいまして、実際、はじめて見た時は、えぇええ〜って思ったものです。(苦笑)

ものすごく顔面を動かしたかと思うと、たまにおしゃべり?というか実況を交えながらの潜在意識もいてw、どうやって治したかまで教えてくれることもありますw

『いま、軟骨を滑り込ませてるからね〜』とか言って、顎をこれでもか〜って動かして、『あともうちょい、あれ、おーし!今はいった〜』とか言って顎関節を調節してくれます。

クライアントさん方…..そりゃあΣ(゚Д゚)びっくりされますよね。www

だって、勝手に自分の顎がめっちゃ動くんですよ!

それも目をつむったまま(←方言ですね(^^;)えっと閉じたまま)・・・www よく皆さん目を開かないでいらっしゃるな〜なんて。(苦笑)

まぁ、腰まわりを調節したり、くるぶしにダメージがあるからって、腰や足首をグルングルンまわす潜在意識もいますので、体操してますか?ってな感じでそりゃもう体調節してくれてる感いっぱいですよね。w

あ、もちろん私たちの催眠療法(QHHT)は医療行為ではありません。治すっていうのも適切ではないです!

ご自身が自分自らの治癒力で自然と調節をしているだけなのです。

ですので、そこのところ宜しく(解釈)お願いいたしますw



わたしたちプラクティショナーは、ただのファシリテーター(仲介人)です。

奇跡とよばれる?現象は、すべてご自身が自らの治癒力で治していると私たちは解釈しています。それを催眠中に潜在意識たちの力を借りて…いぇ、しいては、自分自身が自ら調節しているのです。

なぜ体の一部が痛むのか、なぜ怪我をしたのか、なぜ病気になったのか・・・それも全て、自分自身、自らの気づきを促すため(一部過去世からのものもあります)の現象だと私は思っています。

そのナゼ?が、腑に落ちた時、癒やしは瞬時におこります。

気づき、それを再体験(確認)したことにより、もう病気や不具合を持ったままでいる必要はないからだと感じます。それはそれは不思議な体験です。

*補足* もちろん全然うごかないで修正してくれる潜在意識もいます。必ずなんらかの形で彼らは動いています。信じる気持ちそれをしたい!と思う心も大切です。(理由はそれぞれですが、人は病気でいることへの恩恵をうけるため、本当は病気でい続けたいと思っている場合があります)

セッション中なにもなかったように見えることもあります。全てはタイミングと流れですのようですが、願望や要望はとにかくぜ~んぶお話することで、彼らは絶妙な時を見計らって動きはじめます。それはもう奇跡としかいいようがありません。



セッション後3日3晩、特に太いパイプで潜在意識とクライアントさんは繋がっています。ですので、夜寝る前に、体の調節をお願いすると、同様に再調整をしてくれたりもします。

内臓系はとてもわかりにくいですがw、肉体の特に表面上?の調節は、目でみて実感させていただけてご本人様にも潜在意識の存在を身をもって体験していただけるよい機会だとも感じます。

前置きが長くなりました(^_^;)

以下、プライベートなものに関しては一部伏せ字などにさせていただいています。掲載も快く承諾くださり感謝の気持ちとありがとう!でいっぱいです。

ここでご紹介させていただくことで、皆さまへの何らかのヒントや元気になれば幸いです。


セッションの感想です。

思いが溢れてちょっと長くなってしまいました^^;
読みにくくてすみません。
足りないところがまだまだあるのがもどかしいです。
読み返してみると自分のために書いたような文章でお恥ずかしいのですが、ご拝読いただければ幸いです♡


~以下感想~


今回のセッションでは、大変お世話になりました。

なんと総括してよいのかわからないくらい素晴らしい体験となりました。

セッションの前、ちかさんの丁寧な導きで準備が整っていく過程もとても楽しめました。
準備をしていくうちに自分のインスピレーションを信じる練習ができました。
とくに夢を記録するのは楽しくたくさん夢を見てきた方ですので、これまで見た夢も記録に残しておこうと思ったくらいです。

セッションは、幸運にも前日より長い時間をとってのプレトークを行なっていただき、そこで自分のことをたくさん話す機会をいただきました。
ここでも多くの気づきや癒しをいただけました。これまでの出来事がばらばらに存在しているように見えて、全てがつながっているような…
そこで話した内容もなぜそれを選んだのか、後になって気づいたものもあります。

また、お聞きした未知の世界の興味深い話にも魅了され、今自分が向かおうとしている先を見通すヒントにもなりました。
これも大きな贈り物をいただいた気持ちです。

セッションでは、最初とても緊張していたのですが、ちかさんの心地よい誘導で、気づくと自分が沈み込む感覚、裏側になる感じとなっていました。

驚いたのは身体の調整を潜在意識にお願いした時です。
顎関節症のために潜在意識が顎を動かし調整し始めた時にはびっくりしました。
後日談ですが、録音が届いてすぐに聴いたときにはまだ潜在意識との繋がりが強かったためか、同じように調整し始めたときにも本当にびっくりしました。


その頃には、ちかさんのおっしゃっていた通り、顕在意識がすぐに邪魔をしにきて、本当かどうか自問自答し始めていたときで、なおさら潜在意識への深い感謝の念が湧いてきました。

1番大きな悩み、
(中略)一歩踏み出す勇気、
潜在意識そのものが言葉を発することはかないませんでしたが、ちかさんの導きで自分の今回知りたかったことの大筋の答えをいただけました。


潜在意識が教えてくれたこと、ここ数ヶ月の答え合わせのようで、自分自身答えが出ていると認識するためのものでした。


大事な人との不思議な縁、進むためのたくさんのサインに気付きながら過去や周りに囚われていると思い込んでいた自分にはっきりと気づきました。


潜在意識自身が語り出すことはなかった、また、はっきりと過去世を見なかったのは今は必要ないからかもしれないとちかさんが言われましたが、自分自身もそう感じています。

セッション中、(中略)胸が締め付けられることもありましたが、途中からどこからか深い癒しの感覚が湧いてきて涙が溢れました。
悲しみではなく癒しの涙だったと思います。

セッション後、フワフワとした感覚でしたが、はっきりとこのたびセッションをお願いして本当によかった、これは今の私に必要なタイミングで用意された機会だったと思ったのです。

その日の夜、インスピレーションを感じて、ききたかったことの一つを(中略)質問してみました。
そのやりとりはとても他愛のないものでしたが、結果それをきっかけにこれまで躊躇していた☆☆行きを決めました。

躊躇していた理由はまだ変わらずのはずなのに、とにかく決断したのです。

この状況がひとつの決断したことでもたらされたとセッションで教えていただいたからこその行動でした。

過去の自分との決別はまだ続いています。
時折、顕在意識に飲み込まれそうになることもまだまだあるのですが、お教えいただいたドロレスさんのテクニックを使って守られている感覚を取り戻したり、録音を聴き返すことで潜在意識との繋がりを思い出しています。

本当に今回のセッションを受けることができたこと、深い感謝の気持ちでいっぱいです。

たくさんの愛を思い出しました。

ちかさん本当にありがとうございます。
またお力をお借りすることもあるかと思いますが、その時はまたどうぞよろしくお願いいたします。
長文失礼いたしました。

愛と感謝をこめて。           【k様より・ご感想】



QHHT_Ring a Bell   https://qhht-ringabell.tumblr.com/