QHHT- Space of Presence

"ドロレス・キャノン”量子ヒーリング催眠療法プラクティショナーのブログ (サブ)

ニュータイプ

www.sciencealert.com

英国の神経科学者らは、25年以上の調査を経て最近、目に、ニュータイプのカラーレセプター(色を検出するレセプター細胞)を持つ女性を発見したと発表!

なんと! 彼女は、私たちよりも多くの色_9900万色を見ているそうです。

全文は、上記リンクよりどうぞ:英語なのでグーグル翻訳などでどうぞ

続きを読む

ざざ〜んっっ〜

う〜みぃいいい〜♪♪♪

f:id:QHHT:20170801221440j:plain

ひゃっほぉおお〜♪♪♪

f:id:QHHT:20170801221552j:plain

久しぶりの砂浜で”アーシング

きもちぃいい〜っっ〜!!!

 

ざざ〜んっっ〜(^O^)

f:id:QHHT:20170801222301j:plain

砂浜を小一時間歩いて、翌朝足がつったさぁ〜(ノД`)シクシク〜www

やっぱ、急激な運動はいかんね( •̀ㅁ•́;)

 

痛いの痛いの飛んでけ〜

痛いの痛いの飛んでけ〜

QHHT(量子ヒーリングヒプノセラピーでは、ちょいちょい聞いていたことですが、この頃のセッション中、皆さんが一様に言われていることがあります。

それは、痛みを和らげる方法です。

子供の頃、ころんだ時なんかに、『痛いの痛いの飛んで(い)け〜』って、親などから、おまじないだよ!ってやって貰ったり、自分が親になってお子さんにやっている方もいらっしゃると思います。

これって、『ただのオマジナイじゃあないんですよ』って、私の尊敬する気功の先生はおっしゃっていましたが、この頃、潜在意識やハイヤーセルフたちも口を揃えて言うのです(※気功の先生は、手や足の先から(痛みの)気が出てゆくよ!とも)。

お腹が痛かったらお腹をさするでしょう? 背中や腰が痛かったら、そこに自然と手をおくのではないですか?・・・痛いところに手を当てなさい。さすりなさい。昔から手当というでしょう!?って。

自分でさするもよし、誰かにさすってもらうもよし!www

手を当てる行為には、奥深いものがあるんですね(^_-)

続きを読む

クロップ・サークル

www.youtube.com

We asked 4-year-old Lucy to look at pictures of crop circles and tell us what she thought they were. It was quite interesting to understand what she saw in the formations.

(YouTube より)

私たちは4歳のルーシーに、クロップ・サークルの写真を見てもらいました。彼女は何と思ったか教えてくれました。

彼女が、クロップ・サークル形成(田畑で栽培している穀物の一部が円形(サークル形)に倒される現象、あるいは、その倒された跡)に見たものを理解することは非常に興味深いものでした。

 

クロップ・サークルについて、ドロレス・キャノンさんも沢山の文献を残されています。実物をいつか見てみたいなぁ〜!

 

f:id:QHHT:20170729195836j:plain

【写真:福岡市西区/夏・今津長浜海岸にて】

「人生には『今』しかない」

www.youtube.com

続きを読む